プロジェクト概要

里都(さと)プロジェクトとは

里都プロジェクトが発足したのは、2011年12月1日。

 

東日本大震災を経験し、

これからの豊かで幸せな暮らしづくりのため、「都市と地域との新しいつながり方・関わり方」を実践から学び考えていきたい、が発足時の思いでした。

 

魅力的な地域コミュニティを探しては、現地に足を運びました。

リーダーの皆さまからお話をうかがい、その方たちを東京に招いてフォーラムや勉強会を多数開催。

都市に住む方々と地方で活動している方がつながるきっかけづくりに取り組んできました。

現地に赴くツアーも開催しました。

 

活動の根っこは、「人づくり、新しい活動づくり」です。
新しい価値観や考え方に触れ、自分の思いが引き出されたり、お互いに考えあうような「学びあいの場づくり」、共創の場づくり。

そんな活動を今後も取り組んでまいります。

 

どうぞよろしくお願いいたします!

 

代表 大木浩士のプロフィール

・里都(さと)プロジェクト 代表
・とちぎ未来大使
・栃木県さくら市移住促進アドバイザー
・さくら市喜連川地区グリーンツーリズムアドバイザー
・「とちぎDay@東京」 発起人
・宮つく(宇都宮・高校生まちづくりプロジェクト) 発起人
・キャリア教育プロデューサー

 

1968年、栃木県生まれ。埼玉県在住。
1991年、広告会社D社に就職。1993年に中小企業診断士の資格を取得。
1996年、経営コンサルティング会社に転職。主に経営戦略・事業戦略立案業務、人材マネジメント業務を担当。日本メンタルヘルス協会の衛藤信之氏のもとで心理学・カウンセリングを学ぶ。
2001年、広告会社H社に転職。主にマーケティング戦略・商品開発業務等を担当。

2007年1月、環境問題の深刻さを知り、環境問題に貢献する業務を担う。主なテーマは「サステナブルな社会と地域づくり」。
2011年3月11日を契機に社会的な活動に軸足を置く。
都市と地域の人をつなぐをテーマとした「里都(さと)プロジェクト」を発足。
「やりたいことを一歩進める企画書講座」開講。
2014年より、地元・栃木県と連携した交流イベント等を開催。
2015年 「とちぎ未来大使」を委譲。栃木県さくら市移住促進アドバイザーを委譲。


現在の活動テーマは「都市と地域の人をつなぐ」と「やりたいことを形にする支援」の2つ。

神社研究家、羽黒山伏としても活動中。

運営組織

◎プロジェクト名:里都(さと)プロジェクト

◎設立:2011年12月1日

メンバー大木浩士、有福英幸、濱谷玲子、大熊俊之

 

 

※フォーラムやツアーの企画づくりや催行に関するご相談を、随時承っております。

 

一緒に活動に参加していただける方、募集中です!

 

 「お問い合わせ」からご連絡ください。